ドローンを飛行させるときの様々な規制について

ドローン規制

ドローンを飛行させるときに規制をうけるのは航空法だけではありません。他にも様々な法律によって規制を受けます。

このページで航空法を含めドローンの規制について網羅的に説明していきたいと思います。 “ドローンを飛行させるときの様々な規制について” の続きを読む

ドローンの墜落(事故発生時の対応)

ドローン事故

仕事でドローンを飛行させる場合はもちろん、個人が趣味で飛行させる場合にもドローンを飛行させる以上、墜落したときの対処方を確認しておくことが重要です。

非常時の連絡体制

ドローンを飛行させる場合には、事故などの非常時に備えて事前に緊急連絡先を確認しておく必要があります。

例えば、ドローンの飛行者やその補助者、土地管理者、土地所有者などです。

“ドローンの墜落(事故発生時の対応)” の続きを読む

ドローンとプライバシー権【予防策や具体的に気を付けること】

ドローンとプライバシー侵害

ドローンを使えば誰でもが気がるに空撮を楽しむことができるようになりました。

しかしその一方でプライバシー侵害などの問題も出てきました。

綺麗だったり珍しい風景が撮影できたからといってよく考えずに動画サイトなどに投稿していまい、それが原因で訴えられてしまった・・・

このようなことが起きないようにプライバシー権ついて理解し、ドローンで空撮をする場合には具体的にどのようなことに気を付けなければならないのか知る必要があります。

“ドローンとプライバシー権【予防策や具体的に気を付けること】” の続きを読む

ドローン申請先が国土交通省から地方航空局へ変更

地方航空局

今までドローン飛行の許可や承認は国土交通省本省へ申請しましたが、平成29年の4月からは地方航空局へ変更となる見通しです。

平成29年1月23日の時点ではまだ細かいことは発表されておらず、詳細については3月の上旬に発表されるようです。

現時点で分かっていることは次のことです。

“ドローン申請先が国土交通省から地方航空局へ変更” の続きを読む

FPVは目視外飛行?|そもそも目視外飛行って何?

ドローン(FPV)

平成27年度に改正された航空法により、目視外飛行をさせる場合には国土交通大臣(現在では地方航空局長)から事前に承認をうけることが必要になりました。

承認を受けずに飛ばしてしまうと50万円以下の罰金になる可能性がありますので、しっかりとどんな場合が目視外飛行になるのか理解しておくことが重要です。このページで目視外飛行について説明します。
“FPVは目視外飛行?|そもそも目視外飛行って何?” の続きを読む

ドローン許可|10時間の飛行経験が必要ってどういうこと?

ドローン(飛行経験)

ドローンの許可や承認を受けるためには10時間の飛行経験が必要になります。このページではその10時間の飛行経験について説明します。

10時間の飛行経験

ドローンの許可や承認を取得し飛行させるためには機体の装備や飛行させる人の条件などがあり、その条件をすべてクリアしなくてはけません。

その中の条件の1つとして10時間の飛行経験があります。

“ドローン許可|10時間の飛行経験が必要ってどういうこと?” の続きを読む

ドローン飛行の承認|承認が必要になる6つのケースを分かりやすく説明!!

ドローン(承認)

ドローンを飛行させる場合には許可や承認が必要にあるケースがあります。具体的には、空港周辺や150メートル上空、人口集中地区などの飛行が禁止されているエリアでドローンを飛ばす場合には許可が必要です。また、あらかじめ決められた飛行のルール以外でドローンを飛ばす場合には承認が必要になります。

  • 飛行禁止エリア➡許可が必要
  • 飛行ルール外の飛行➡承認が必要

このページではどのような場合に承認が必要になるのか6つの飛行のルールについて説明します。

許可が必要な場合についてはドローンの許可が必要|3つの飛行禁止エリアを分かりやすく!をどうぞ。

“ドローン飛行の承認|承認が必要になる6つのケースを分かりやすく説明!!” の続きを読む

ドローンの許可が必要|3つの飛行禁止エリアを分かりやすく!

ドローン(飛行禁止)

ドローンを飛ばすためには飛行の許可や承認が必要なケースがあります。具体的にはドローンを飛行禁止エリアで飛ばすときには許可が、あらかじめ決まっている飛行のルール以外でドローンを飛ばすときには承認が必要になります。

このページでは許可が必要な飛行禁止エリアについて説明します。 “ドローンの許可が必要|3つの飛行禁止エリアを分かりやすく!” の続きを読む

許可・承認が必要な無人航空機(ドローン)って何?3分で解説!!

許可や承認が必要な無人航空機

無人航空機を国土交通省が定めた飛行禁止エリアで飛行させたり、あらかじめ決められたルール以外で飛ばす場合には許可や承認が必要になります。

無人航空機=ドローンという認識で基本的にはOKですが、法律上ではもっと詳しく定義がされています。無人航空機がどのようなものなのかは航空法で決まっています。

もし飛行させようとしている機体が無人航空機に該当しなければそもそも航空法の法律の縛りを受けずに済みますので許可や承認を取得する必要はありません。

このページでは、無人航空機とはいったいどのようなものを指すのか説明していきます。 “許可・承認が必要な無人航空機(ドローン)って何?3分で解説!!” の続きを読む