イベント上空での飛行が包括申請不可に変更

イベント上空での飛行が包括申請不可に変更となりました。以前は人口集中地区での飛行、夜間飛行、目視外飛行などと合わせて包括申請ができたのですが、これからは飛行場所を特定した申請で承認を受けることになります。

包括申請が不可になった原因

東京航空局からの回答は「11月4日、岐阜県大垣市で開催されたイベントにおいて、飛行中の無人航空機がバランスを崩して落下し、イベント参加者を負傷させるという事故が発生しました。
当局としましては、今後、事故が発生した経緯や状況の詳細な調査・確認及び原因究明を進め、同種事案の再発防止を図るために必要な措置を講じていくこととしており、特に、催し場所上空等で人又は物件の近くで無人航空機を飛行させる場合には、講ずべき安全対策の妥当性を十分に検証する必要があると考えています。」です。

要約すると負傷者が出るほどの事故が起きてしまったので、より安全に飛行できるように個別的にチェックしていくということでしょう。

イベント上空での飛行をするためには

包括申請ができなくなりましたので、場所を特定した申請で承認をうける必要があります。包括申請と基本的には同じですが違う点は飛行経路の地図を作成する点でしょうか。

広域図と詳細図の2枚を作成し、詳細図に飛行経路や飛行者・補助者などの配置場所を記載します。