ドローン許可.com

ドローンについて

河川敷でのドローン飛行【許可・承認は必要なの?】

河川敷でドローンを飛ばしたいけど、勝手に飛ばしていいものだろうか・・・ 捕まったらいやだな・・ おそらくドローンを購入してどこで飛ばそうかと考えると、まず最初に河川敷を思いつく人が多いのではないのでしょうか。そして本当にそこで飛ばしていい...
ドローンについて

ドローンの許可が必要|3つの飛行禁止エリアを分かりやすく!

ドローンを飛ばすためには飛行の許可や承認が必要なケースがあります。具体的にはドローンを飛行禁止エリアで飛ばすときには許可が、あらかじめ決まっている飛行のルール以外でドローンを飛ばすときには承認が必要になります。 このページでは許可が必要な...
ドローンについて

ドローン飛行の承認|承認が必要になる6つのケースを分かりやすく説明!!

ドローンを飛行させる場合には許可や承認が必要になるケースがあります。具体的には、空港周辺や150メートル上空、人口集中地区などの飛行が禁止されているエリアでドローンを飛ばす場合には許可が必要です。また、あらかじめ決められた飛行のルール以外で...
ドローンについて

【2021年12月20日受付開始】ドローンの登録制度を徹底解説【航空法改正】

2022年6月20日よりドローンの機体登録が義務化されます。それに伴い2021年12月20日より登録の受付が開始されます。 ※2021年12月22日追記 2020年6月17日にドローンの登録制度を創設する航空法改正案が参院本会議で可...
ドローンについて

承認がなくてもできる夜間飛行の練習方法

夜間飛行の承認を取得するためには夜間飛行の経験があることが条件になっています。しかし承認を受けずに夜間飛行を行うことはできませんのでそこが難しいところです。 では、どのように夜間飛行の経験を積めばよいのかいくつか練習方法を紹介したいと思い...
ドローンについて

許可・承認が必要な無人航空機(ドローン)って何?3分で解説!!

無人航空機を国土交通省が定めた飛行禁止エリアで飛行させたり、あらかじめ決められたルール以外で飛ばす場合には許可や承認が必要になります。 許可が必要➡ドローンの許可が必要|3つの飛行禁止エリアを分かりやすく! 承認が必...
ドローンについて

ドローン許可|10時間の飛行経験が必要ってどういうこと?例外もあり

ドローンの許可や承認を受けるためには10時間の飛行経験が必要になります。このページではその10時間の飛行経験について説明します。 10時間の飛行経験 ドローンの許可や承認を取得し飛行させるためには機体の装備や飛行させる人の条件などがあり、そ...
未分類

「DJI AGRAS MG-1S ADVANCED」、「DJI/TOPCON MATRICE 600 PRO for TS」が国土交通省認定機へ追加

「DJI AGRAS MG-1S ADVANCED」、「DJI/TOPCON MATRICE 600 PRO for TS」が国土交通省認定機へ追加されました。認定機に登録されますと申請書類が簡略化されスムーズな申請が可能となります。
ドローンについて

MAVIC PRO PLANINUM (マビックプロ プラチナム)が国土交通省認定機へ追加

MAVIC PRO PLANINUM(マビックプロプラチナム)が平成30年1月26日に国土交通省の認定機として追加されました。今までは申請するのにドローンの画像や仕様、スペックなどの資料を作成し提出する必要がありましたが、今回認定機になりま...
ドローンについて

空港等の近くでドローンを飛行させるための手続き(申請が不要なケースも紹介)

空撮の依頼を受けたけれども飛行場所を地図で確認したら空港が近くにある。勝手に飛ばすのはなんとなくダメってことは分かるけれども具体手にどこへどんな手続きが必要になるのか分らない。そのような人のために分かりやすく解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました