ドローン許可.com

ドローンについて

イベント上空での飛行が包括申請不可に変更

イベント上空での飛行が包括申請不可に変更となりました。以前は人口集中地区での飛行、夜間飛行、目視外飛行などと合わせて包括申請ができたのですが、これからは飛行場所を特定した申請で承認を受けることになります。
ドローンについて

外国人でもドローン申請可能か?

外国人の方でも問題なくドローンの許可・承認を取得することができます。ただ注意しなくてはいけないことは申請書を日本語で作成することです。外国語で記載された申請書では受け付けてもらえませんので気を付けて下さい
ドローンについて

ドローン飛行の注意事項(これだけは絶対知っておきたい)

安全にドローンを飛行させるために注意しなければならない事項について、国土交通省のホームページに公開されているガイドラインを参考に分かりやすくまとめました。
ドローンについて

ドローンの許可を受けるのに資格は必要か?

よくある質問で「ドローンの許可や承認を受けるときに資格は必要ですか?」というものがあります。電話でお客様と話していると2人に1人ぐらいのペースでこのような質問を受けますので、多くの人が気になっているのではないでしょうか。
ドローンについて

自宅や会社の敷地内でも許可・承認が必要?【知らないとマズイ】

自宅の庭や会社の敷地内でドローンを飛ばすぐらいだったら許可や承認がなくても大丈夫だと思っている方は以外に多いのではないのでしょうか。 実は自宅の庭や会社の敷地のような場所で飛ばす場合でも許可や承認が必要になるケースがあります。...
ドローンについて

公園でドローン飛行【注意しなければならないこと】

ドローンを購入してどこで飛ばそうか考えるときに最初に思いつくのが、公園ではないでしょうか?しかし公園によってドローンの取り扱いは様々ですのでよく確認しなければなりません。
ドローンについて

山やビルの屋上でのドローン飛行(150m制限について)

空撮をする場合にビルの屋上や山などで離発着を行う場合がありますが、そのときの高度はどのように計算すればよいのでしょうか。 150mを超えるようでしたら事前に地方航空局長から許可を受け、飛行場所を管轄する空港事務所と調整をする必要がでてきま...
ドローンについて

目視外飛行の承認を受けるための追加基準を分かりやすく説明

目視外飛行の承認をうけるためには安全にドローンを飛行させるために追加基準に適合していなくてはなりません。どんな基準なのか、どうすれば適合するのか説明していきます。
ドローンについて

「夜間飛行」の承認を受けるための追加基準を分かりやすく説明

夜間飛行の承認を受けるためには夜間飛行の追加基準をクリアしなければいけません。どのような基準なのか見てみましょう。
ドローンについて

「DID地区上空の飛行」「距離30mを確保できない飛行」「催し場所上空での飛行」の許可・承認を受けるための追加基準

「DID地区上空の飛行」「距離30mを確保できない飛行」「催し場所上空での飛行」の許可や承認を受ける際には安全にドローンを飛行させるために追加基準が定められています。その基準を満たさなくては許可や承認を受けることができないので注意が必要です...
タイトルとURLをコピーしました