山やビルの屋上でのドローン飛行(150m制限について)

ドローン飛行(山とビルの屋上)

空撮をする場合にビルの屋上や山などで離発着を行う場合がありますが、そのときの高度はどのように計算すればよいのでしょうか。

150mを超えるようでしたら事前に地方航空局長から許可を受け、飛行場所を管轄する空港事務所と調整をする必要がでてきます。

大丈夫だと思って飛ばしていたら罰金を受けてしまった・・・このようなことが起きないように高度について説明していきます。

ビルの屋上でのドローン飛行

ビルの屋上でドローンを飛行させた場合は高度はどのようになるのでしょうか?

高度はビルの屋上からの高さではなく、地面からの高さになります。

つまり150m以上のビルの屋上の場合はそもそも高度が150m以上になってしまいますので飛行させることができません。

ビルの高さが100mの場合はまだ50mの余裕がありますので、屋上から50mまでは飛行させることができます。

「ビルの高さ」+「ドローンを上昇させた高さ」が150m未満であれば許可は不要です。

山でのドローン飛行

山で綺麗な映像を取りたいけど標高が150m以上の山では許可が必要なのでしょうか?

ビルの屋上でのドローン飛行で説明した通り、高度は地面からの高さになります。よって標高が150m以上の山でも許可は不要です。

ドローンを飛行させる場合には、周りに登山客いないかよく確認して飛行させるようにして下さい。また山によってはドローンの持ち込みや飛行を禁止している場合がありますので確認をしてから飛行させるように注意して下さい。

まとめ

高度は地面からの高さを基準にして計算するので、ビルの屋上でのドローン飛行はビルの高さを入れて計算しなくてはなりませんので注意して下さい。

山での高度の計算の仕方は標高は関係ないので、通常通り地面から何mかで計算して下さい。

高度の条件をクリアしていても他の条件で許可や承認が必要なケースがありますので、飛行前によ飛行場所・飛行方法をよく確認してから飛行させるようにして下さい。